Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C8]

ありがとう。



コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://giriphoto.blog135.fc2.com/tb.php/212-7e57f8a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おかあさん。

こんにちは。ギリさんです。
秋も深まり、少しずつ紅葉が見える景色が気になり始めました。


本日はそんな季節を表すかのような、そんなお話です。

先日ブログにてうかい鳥山へ下見に行った、というお話をしましたが、
そのお客様にお会いして来たのです。

前撮りや打ち合わせ、といったお話ではありません。


ご新婦のお母様にご挨拶をしに伺ったのです。私のわがままで・・・



それまで、ご新婦様とはメールでやり取りをさせて頂いておりました。
下見の報告をさせて頂いた際に、「下見はOK、ロケもバッチリです!!」と
いつもの調子で張り切っていたのですが、返信メールの様子がちょっと違っていました。

「ありがとうございます。でも・・・私たちの写真はそこまで重要ではないのです。」

ギリ『??』

「片桐さんに写真を頼んだのは、ゲストの方達の表情を素敵に撮影されているからなんです。」

ギリ『ありがとうございます。』

「私の母は、癌でもう長くないのです。式には何とか間に合ってほしいのですが・・・」

ギリ『!!』





・・・そんなやり取りをした後、すごく悩みました。

『僕にできる事って何だろう・・・?』

正直、こんな事は初めてで、うろたえました。何とかして素敵な式にしてあげたい。
そう思うのですが、どうすればいいか分からないのです。


どうにもこうにもスッキリしないなか、同じくブライダルフォトグラファーとして
活躍する大阪の友人である中田しのぶちゃんに、らしくもない相談をしました。

すると、彼女らしいスパッとした返答が・・・
「行き。」
「なんでも良いから 家族写真撮りましょう的な。行き。式までに。」
「私なら行く。」
「撮るのだ。使命どすえ。」

『ありがとう!恩にきるぜ!!』

・・・なにを迷っていたのだろう?
僕にできる事なんて、そんなにたくさんないだろう。

直球で会いに行って、写真撮る!それだけだ。
式に間に合うかどうか、僕にはどうする事もできない。

・・・でも、写真なら式じゃなくても撮れる!!行く!やるしかない!!


すぐに新婦様に電話をした。


『出過ぎた事を言って申し訳ないのですが・・・お母さんに会わせてください!』
『式前に、いつでもいいです!お母さんの写真を撮らせてください!!』


思い切って想いを伝えました。
『もしかしてへたくそな写真になるかもしれません。でも、後悔したくないんです!!』


・・・しばらく返答がないと思ったら、新婦様は電話越しで泣いていた。
崩れるような声で
「・・・あろがとうございます・・」


なんと、僕のわがままに彼女は感謝してくれたのだ。
まったくそんな事を言ってくるなんて予想外で、思いつきもしなかったらしく
驚きながらも、僕の想いを理解してくれた。




そして本日、八王子にある病院に行って来ました。
ありがちな菓子折りを持って・・・


『初めまして。』

お会いするのは、新婦様もお母様も初めてだ。


長い廊下を歩き、エレベーターで病室へ。看護婦さんから特別許可が下りて
高尾山を一望できる眺めのいい大広間に移動することができた。


「私は癌を三つも持ってましてね・・・」

彼女は痩せていた。20キロ痩せたらしい。

「肝臓、胆のう、十二指腸・・・」

ギリ『すごいですね!三つもですか?』

明るく話す内容ではないのですが、僕らは楽しそうに話を続けた。

ギリ『お母さん、おいくつになるんですか?』
『66歳です。』
ギリ『へぇ~じゃあ、19(昭和)年?ウチの親父と一緒です。」

そんな会話を続けながら、撮影は続いた。

ギリ『みんな待ってるからね、式行かないとね。』

「待っているのは、あっちだよ。」彼女は天を指差して笑った。

精一杯の彼女の笑えないジョークに、僕は精一杯笑った。




しばらく、彼女達が会話をしている光景を僕は黙々と撮り続けた。

新婦様は気を抜くと涙が出てしまうのを解っているのだろう。
凛とした表情で会話をしていたが、それでも熱いものは溢れてしまう。



・・・そんな彼女をお母さんはまるで幼児をあやすように
いいこいいこしていた。初対面だが、ファインダー越しに見ていると
二人は「母親と幼い子」に見えた。
S115.jpg


決して口にはしていないが、「あかあさん・・・おかあさん・・・おかあさん・・・」と
声が見えた。切なくて、温かい声の数々が、見えた。
僕にも熱いものがこみ上げたが、精一杯こらえた。ここで涙を流すのは
なんだか失礼な気がしたのだ。



神頼みなんてした事ないが、拝みたくなった。



暫くして、挨拶をし、病院を後にした。
『じゃあ、式でまた!!』精一杯元気に伝えた。




・・・帰りの八王子の甲州街道で少し黄色く染まった銀杏並木を見た時に
自然とさっきこらえたものが溢れてきた。




つづく



※今回のお写真が、いつか皆様に発表できる事を願っております。


片桐裕二写真事務所HP・・・http://giriphoto.jp
スポンサーサイト

コメント

[C8]

ありがとう。



コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://giriphoto.blog135.fc2.com/tb.php/212-7e57f8a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ギリさん

Author:ギリさん
(株)ギリフォトワークス公式ブログ。 茨城県を中心に、日本全土をかき回すブライダルフォトグラファー団体、ギリフォトワークスの片桐裕二が関わった人達を紹介したり、日々の出来事などを紹介いたします。
http://giriphoto.jp

最新記事

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。